火力発電

発電機

火力発電機 タービン形の発電機では、大容量で高速回転となるため、円筒形同期発電機が用いられる。 発電機の回転数は、回転子が2極の場合は60Hzで3600rpm、50Hzで3000rpmとなる。4曲の場合は60Hzで1800rpm、50Hzで1500rpmとなる。2極ということはN極、S極が…

火力発電 環境対策編

火力発電でよく使われている化石燃料の熱エネルギーは、1トン辺り 石油:41.9GJ 石炭:29.3GJ 液化天然ガス:55.7GJ ボイラとは、燃料を燃焼させて熱エネルギーを発生させる装置のこと。火炉と呼ばれる燃焼室内で燃料を燃焼させ、発生した熱エネルギーを火…

火力発電

火力発電の原理 燃料の燃焼によって得られた熱エネルギーを蒸気タービンやガスタービン、ディーゼル機関などで電気エネルギーに変換する。 ランキンサイクル 復水器に溜まった水を給水ポンプでボイラに送り、蒸気を発生させる。タービン内で蒸気を膨張させ熱…