原子力発電

沸騰水型原子炉(BWR)と加圧水型原子炉(PWR)、原子力発電機におけるタービンについて

大前提として、沸騰水型原子炉(BWR)、加圧水型原子炉(PWR)、どちらも減速材と冷却材に軽水を使った軽水炉形原子炉である。 沸騰水型原子炉 核分裂反応による熱エネルギーで軽水を沸騰させ、高温高圧の蒸気として取り出す原子炉のことである。原子炉容器内で…

原子炉の構成

原子力発電は、二酸化炭素の排出が少ない発電方式である。ウラン235の1gで、火力発電で消費される石油2トン分に相当する発電が行える。 核分裂を連鎖的に行わせるためには、それに必要な最小の量があり、それを臨界量という。臨界量以下では連鎖反応は起きな…